ブログをスタートしました。

ブログをスタートしました。このブログを使ってさまざまな情報発信を行っていきたいと考えております。
みなさま、どうぞよろしくお願いします。

経営者が押さえておきたいキャッシュマネジメント

経営者が押さえておきたいキャッシュマネジメントセミナーが開催されます。
場所は大阪産業創造館です。

まだご参加には間に合います、エントリーはこちらからどうぞ。

経営のヒント!vol.34

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
成功の復讐にどう立ち向かうか?
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

★成功の復讐とは?

過去の成功体験から抜け出せず、市場の変化に対応できないことを「成功の復讐」といいます。

実際、事業再生コンサルの現場においても、窮境原因が「成功の復讐」であることは非常に多いです。

その際、経営者は以下のようなことを言います。

「昔は良かったんやけどな~」

「まさか、ここまで市場が変化するとは思わなかった」

変革の必要性を感じながらも、過去の成功体験にしがみついて、市場の変化に対応できない中小企業が何と多いことか・・・。

★セブンイレブンはなぜ勝ち続けることができるのか?

セブンイレブンは「成功の復讐」に陥ることなく、画期的な新商品を武器に、勝ち続けています。

セブンイレブンの創業者、鈴木敏文氏は著書「売る力」で以下のように言っています。

・過去の経験に縛られると、思考や感覚にフィルターがかかってしまう。

・とすれば、発想の方法を逆転させるしかない。

・一歩先の「未来の可能性」や「あるべき姿」を描く。

・そこから過去や現在に振り返って、やるべきことに踏み出していく。

セブンイレブンはこのような発想に基づいて、過去の経験の延長線上にとどまらない、画期的な新商品を生み出しているのです。

あとは、一歩先の「未来の可能性」や「あるべき姿」をどう描けばいいか?という問題がありますよね。

この答えは「顧客の立場でとことん考える」ということだと思います。

「今まで」とか「当社は」の発想ではなく、「顧客は何にどう価値を感じるか?」をとことん考えるしかないのです。

★チャレンジ精神

過去の経験の延長線上ではダメで、変革する方向性も分かった!

あとは実行に移す経営者の覚悟次第です。

京セラの創業者、稲盛和夫氏は著書「京セラフィロソフィ」の中で以下のように言っています。

・新しいことや困難なことにチャレンジせず、現状に甘んじることは、すでに退歩が始まっていることを意味する。

・チャレンジとは高い目標を設定し、現状を否定しながら常に新しいものを創り出していくことだ。

・チャレンジは格闘技にも似た闘争心を伴う戦いであり、困難に立ち向かう勇気、忍耐、努力が必要である。

経営者がチャレンジ精神を持たずに、従業員が勝手にチャレンジしてくれるはずがありません。

成功体験にとらわれることなく、チャレンジ精神を持ち続けたいものです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第34号「成功の復讐にどう立ち向かうか?」いかがだったでしょう?

税理士業界は成熟市場(もしかすると衰退市場)にあります。

その中で、過去の成功体験からぬけだせず、「昔は良かった」と言って、変革を拒む年配の税理士の話をよく聞きます。

私は8年前に独立したので、良い時代を知らず、チャレンジし続けることができています。

もし、私が良い時代を知っていたら、今、チャレンジし続けることができたかどうか?

考えただけでもゾッとします・・・。

経営のヒント!vol.33

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
人手不足にどう対応するか?
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

★人手不足が深刻化している

少子高齢化社会にあって景気上昇局面に突入して、人手不足が深刻化しています。

復興需要に沸く建設業では、仕事はあっても職人不足により、受注できないケースが多発しています。

飲食業や小売業などパートの廉価な人件費に依存してきた業種も、人手不足が深刻化しています。

居酒屋大手の和民は、パートを確保できず、戦略的に店舗を閉鎖せざるを得なくなりました。

ユニクロを展開するファーストリテイリングは、パートの正社員化に踏み切ります。

★中小企業はどう対応すべきか?

大手企業でも人材確保に苦労する中、我々中小企業はどう対応すべきなのでしょうか?

この人手不足は永遠の流れなのでしょうか?

今すぐ、とりあえず、誰でも採用しておかなければ、ずっと正社員を採用できないのでしょうか?

★私の考え

私は決して焦ってはいけないと思います。

「どうかな~」と思う人物を、焦って採用することは避けるべきです。

日本の労働法制では、一旦、正社員を採用すると、その後に「あれ?やっぱりダメ?」となっても後の祭りです。

確かに、少子高齢化は半永久的な流れではあります。

しかし、景気の波は必ずやってきます。

思い出してください!数年前までは、大企業中心にリストラの嵐が吹き荒れていましたよね。

今はアベノミクスの影響で、短期的に求人数が増えているだけなのです。

景気後退局面になると、大企業はまた求人数を絞って、優秀な人材が市場に出てくるはずです。

★中小企業はこうすべき!

今は、焦って正社員を採用してまで、業容拡大を志向する必要はないと思います。

焦って拡大路線を歩むと、満足いく仕事もできず、固定費だけが増えていきます。

そして、景気後退局面になると、中途半端な仕事しかできない肥大化した組織が残ることになるのです。

ですので、中小企業は以下の戦略を取るべきだと思うのです。

1.景気上昇局面では焦らず、現状の従業員できっちりと仕事をして、利益を残す。

2.景気後退局面で、優秀な人材を見極めて採用する。利益の蓄積があるので少々の負担増はOK!

3.戦力を整えた上で、次なる景気の波をキャッチする!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第33号「人手不足にどう対応するか?」いかがだったでしょう?

実際には上記と別に、自社のライフサイクルも意識する必要があります。

成長期であれば、やや無理をして人を増やす必要があるかもしれませんし、

成熟期であれば、無理はする必要はありません。

外部環境と内部環境、ともに冷静に分析することが重要です。

  • こんなお悩みありませんか?
  • 会社経営のこんな相談、誰にしたらいいの?
  • 銀行との付き合い方が分からない!
  • 創業時に資金調達をしたい!
  • 資金繰りが厳しく、銀行借入金を返せない!
  • 事業承継の相談相手がいない後継者の悩み

こんなお悩みありませんか?

会社経営のこんな相談、誰にしたらいいの?

銀行との付き合い方が分からない!

創業時に資金調達をしたい!

資金繰りが厳しく、銀行借入金を返せない!